「ロシア・バレエにあこがれて―。」直塚美穂さん(モスクワ音楽劇場バレエ) スペシャル・インタビュー①

2021年8月、クラシック・バレエの聖地ロシアを代表する劇場、ミハイロフスキー、ボリショイ、マリインスキー、モスクワ音楽劇場、ペルミから実力派ソリストが来日し、「ロシア・バレエ・ガラ2021」「親子で楽しむ夏休みバレエまつり」が開催されます。ロシア・バレエの伝統美を、カンパニーの枠を越えた夢の競演でお贈りします。


今回、ロシアで活躍しているダンサーの一人として出演が決まったのは、日本人ダンサーの直塚美穂さんです。直塚さんは、16歳でワガノワ・バレエ・アカデミーへ留学し、卒業後はロシアの名だたるカンパニーで経験を積んできました。現在は名門モスクワ音楽劇場バレエに所属し、2020年にはセカンド・ソリストに昇格するなど今後が期待される注目のダンサーです。

「ロシア・バレエが好きだから」とロシアで踊ることにこだわってきた直塚さん。これまでどのようなバレエ人生を歩んできたのでしょうか。バレエを始めたきっかけから、ロシアへ留学し、プロとして過ごす日々までお話を伺いました。


1.バレエとの出会い

――バレエを始めたきっかけを教えてください。

幼稚園にバレエ教室が入っていて始めました。

――塚本洋子先生に師事されたのは、いつからでしょうか?

小学校3年生の時に引越しをして、家の近くの支部教室に通い始めてからです。

――お教室の印象はどうでしたか?

人数が多かったし、レベルも高くて、規模の大きさにびっくりしましたね。

――先輩には、新国立劇場バレエ団の米沢唯さんがいらっしゃいますね。

はじめて発表会に出た時に踊りを観たのですが、テクニックや技術面での安定性はもちろん完璧で、さらに観ている人を引き込むような魅力があって、本当に憧れの存在でした。

――その発表会では、米沢さんは何を踊られていたのでしょうか?

「海賊」のパ・ド・ドゥを踊っていました。数年後に私も同じ「海賊」のパ・ド・ドゥを踊ることになって、先生に「唯ちゃんが着ていた青色の同じような衣裳が着たい」とお願いしたことを覚えています。

(左)発表会にて (右)新国立劇場バレエの米沢唯さんと

2.国内外のコンクールに挑戦し、バレエに夢中になった日々

――コンクールには出場していましたか?

スタジオの上手な人たちが出ていて、私も出てみたいと思い、小学校6年生の頃から出始めました。

――結果は順調でしたか?

もう全然だめで・・・。1年目は全滅で、すべて予選落ち。そのたびに泣きじゃくって、落ち込んでいました。でも負けず嫌いな性格なので、予選落ちしたことがすごく悔しくて。それまで以上に練習するようになりました。コンクールの映像(DVD)も何回も見て、「ここの腕が曲がっている」「ここは膝が伸びていない」などと確認をし、改善していく練習をしていました。

――塚本先生からは、どのようなアドバイスをもらっていましたか?

音楽のとり方をすごく言われていました。特に印象に残っているのは、「音楽の主なメロディー部分は上半身で踊るようにしなさい。脚は音楽の伴奏(低音)部分を聞いてやるようにしなさい。」ということです。今でも難しい踊りで上手くいかない時には、その言葉を思い出したりします。

――海外のコンクールには挑戦されましたか?

ユース・アメリカ・グランプリのニューヨーク本選にいきました。海外のダンサーは大人びていて、とても堂々として見えて、「テクニックだけではなく、表現の面もやらないといけない」と気付かされた良い経験でした。

3.ロシア・バレエとの出会い

――プロを目指すようになったきっかは?

コンクールで入賞できるようになってきて、少し自信がついてきた頃、ボリショイ劇場の来日公演でスヴェトラーナ・ザハーロワさんの「白鳥の湖」を観ました。それで「私もこういう風になりたい。ロシアのバレエ団に入りたい。」と思うようになりました。

――ロシア・バレエのどのようなところに魅力を感じましたか?

ラインのきれいさに圧倒されてしまって。それが一番の魅力でした。

――ザハーロワさんを初めて観たときの印象はいかがでしたか?

ラインのきれいさ、特に脚にびっくりしました。本当に同じ人間なのかと思うくらい。その影響で膝のストレッチをやるようになりました。当時はザハーロワさんの映像で「観たことがないものは無い!」というくらい全て観尽くしていましたね。

憧れのスヴェトラーナ・ザハーロワ

――その後ワガノワ・バレエ・アカデミーへ留学されますね。

ザハーロワさんの影響でロシア・バレエを学びたいと思いましたが、その頃はまだ留学の手口が少なくて、自分で調べました。栃木のオーディションが唯一ワガノワに行けるチャンスと知って、自分で応募しました。そのあとで両親に伝えて、オーディションを受けに行き、留学することになりました。

――ご両親に話すより先にご自分で申し込んだのですね。

そうです(笑)

――当時は何歳でしたか?

16歳で、高校は中退しました。その時は後先のことは何も考えずに、もう「これ!」となったら突き進むタイプでした。「私は留学する、バレエの道で行く」という感じで。ですから、高校を辞めることに抵抗はなく、すぱっと辞めました。

4.ワガノワ・バレエ・アカデミー留学時代

――そうしてワガノワ・バレエ・アカデミーでの留学生活が始まったのですね。クラスはどのように決まりましたか?

ワガノワに入ってすぐに校長先生がレッスンにいらして、一人ずつ見てクラスを振り分けられました。                                                               

――当時の校長先生はどなたでしたか?

アルティナイ・アスィムラートワさんでした。

――どの先生のクラスになりましたか?

リュドミラ・コワリョーワ先生です。

――名教師といわれるコワリョーワ先生のクラスは、どのような雰囲気だったのでしょうか?

厳しい先生で有名だったので、緊張感もありました。センターレッスンになると、スタジオの端から端まで動くアンシェヌマンが多かったですね。

――コワリョーワ先生からの指導で心に残っていることはありますか?

ワガノワに行ったばかりの頃に、「くるみ割り人形」の金平糖のパ・ド・ドゥをみてもらう機会があったのですが、上半身や首の向きなど、日本では言われなかった注意をすごく受けました。骨が折れるかと思うくらい曲げられて「違う!」とスパルタで(笑)

あとは「もっと堂々としなさい」といった雰囲気のことも言われました。背中を叩かれて、「胸を張っていなさい!」と。当時はロシア語が全然分からなかったので、なんとなくですが。

(左)名教師コワリョーワ先生と (右)同級生の石井久美子さんと

――同級生には、マリインスキー・バレエで活躍されている石井久美子さんがいらっしゃいますね。

私生活でもバレエの面でもすべて面倒をみてくれて、お姉さんのような存在です。彼女は私より1年早く留学していて、年も上だったので、頼れるお姉さんという感じです。

――クラスも同じコワリョーワ先生のクラスでしたか?

そうです。彼女は先に1年いましたが、同じクラスに入りました。

――石井さんのここがすごい!と思うところを教えてください。

観察力がすごく優れていて、私ができないことがあって教えてもらうとき、すぐに問題点を見抜いて、適切なアドバイスをくれます。

――バレエ学校で忘れられない思い出はありますか?

卒業公演で「ディアナとアクティオン」のパ・ド・ドゥを踊った時のことです。そもそも当時、基本的に留学生は卒業公演に出られなかったので、まさかそんな舞台に立てるとは思っていませんでした。それで出演できることが決まってから、すごく力を入れて練習していたら、本番前に疲労骨折してしまいました。脚が痛い状態で本番を迎えて、緊張というよりも脚がもつのかが心配でした。

踊り終わって幕に入ると、歩けなくなってしまって・・・。パートナーの男の子におんぶしてもらって寮まで帰ったことは、忘れられない思い出です。

――様々な経験をされた留学生活でしたね。日本との違いを特に感じたところはありましたか?

日本だとレッスン中は私語を慎んで、言われたことだけをやっていましたが、ロシアではもっと自分を出して良いのだと思いました。みんな個性が豊かだし、自分を主張しないと海外ではやっていけないと感じました。

(左)卒業公演の様子 (右)アルティナイ・アスィムラートワ校長先生と

――ありがとうございました。次回は、ロシアのバレエ団での経験について伺います!

文・インタビュー:光藍社  写真提供:直塚美穂

【直塚美穂】

愛知県出身。4歳よりバレエを始める。

オールジャパンバレエコンクール、こうべ全国舞踊コンクールなどで1位受賞。

2009年 ユース・アメリカ・グランプリ ニューヨーク本選 銅メダルを受賞。

2012年 ワガノワ・バレエ・アカデミーに留学。

2013年 サンクトペテルブルグ・バレエ・シアター入団。日本、フランス、オーストラリアなど海外公演に参加。

2016年 ミハイロフスキー劇場バレエにコリフェとして入団。 ‪『海賊』ギュルナーラなどを踊る。

2018年 モスクワ音楽劇場バレエに移籍。

2020年 同劇場セカンド・ソリストに昇格。


▼直塚さんが出演する公演の詳細情報はこちら

「親子で楽しむ夏休みバレエまつり-ロシア5大バレエ劇場の競演-」

2021年8月開催!「親子で楽しむ夏休みバレエまつり-ロシア5大バレエ劇場の競演-」 夏休み恒例のバレエ公演が2021年も開催決定!!ミハイロフスキー、ボリショイ、マリインスキー、モスクワ音楽劇場、ペルミなどロシアを代表するバレエ劇場のソリスト達が集結!名作バレエの名場面ばかりを上演し、司会のお姉さんがバレエの基礎からあらすじまでをわかりやすく解説してくれる、お子さまと一緒に楽しめる大人気公演です。

日程:2021年8月14日(土) 全2回公演予定

会場:品川区立総合区民会館きゅりあん 大ホール

https://www.koransha.com/ballet/oyakoballet/


「ロシア・バレエ・ガラ2021」

クラシック・バレエの聖地ロシアを代表する劇場、ミハイロフスキー、ボリショイ、マリインスキー、モスクワ音楽劇場、ペルミから実力派ソリストが来日。ロシア・バレエの伝統美を、カンパニーの枠を越えた夢の競演でお贈りします!

日程:2021年8月17日(火)~8月31日(火)

会場:神奈川県民ホール、ウェスタ川越、NHK大阪ホール  ほか、東京、静岡、愛知、福岡などで全12公演開催

https://www.koransha.com/ballet/rossiangala/