キエフ・バレエ「くるみ割り人形」動画 全編無料公開中

クリスマスにぴったりの名作バレエ「くるみ割り人形」の全幕版。 クリスマス・イブの幻想的な物語が、チャイコフスキーの美しい音楽と共に、名門「キエフ・バレエ」のバレエダンサーたちによって華やかに繰り広げられます。

150年以上の歴史を誇る名門劇場のバレエ団として、日本でも300回以上の来日公演を行っている「キエフ・バレエ」が、2020年11月に現地で撮影したばかりの最新映像です。日本でお馴染みの人気ソリストのほか、来日公演では見られなかったソリストも出演しています。

初めてバレエをご覧になる方にもわかりやすいように、物語説明の字幕付きバージョンもご用意しました。

キエフ・バレエ「くるみ割り人形」全編
【字幕解説付き】キエフ・バレエ「くるみ割り人形」全編

キエフ・バレエ 「くるみ割り人形」全2幕

クララ:ユリア・モスカレンコ

王子:スタニスラフ・アリシャンスキー

ドロッセルマイヤー:ヴィタリー・ネトルネンコ

ねずみの王様:ヴォロディミール・クツーゾフ/ドミトロ・チェボタル

くるみ割り人形:カテリーナ・チュピナ ほか

<第1幕あらすじ> クリスマス・イブにシュタールバウム家でパーティーが開かれ、クララと弟のフリッツは両親と共にお客様を迎えます。叔父のドロッセルマイヤーが、ぜんまい仕掛けの人形を披露すると、子どもたちは人形たちの踊りに夢中になりました。クララは、ドロッセルマイヤーからプレゼントされたくるみ割り人形をとても気に入ります。 真夜中、クララが大広間に行くと、ねずみの王様とねずみたちが現れました。時計が夜中の12時の鐘を打つとクリスマスツリーが大きくなり、ねずみの王様たちとくるみ割り人形たちの戦いが始まります。クララは靴を投げてくるみ割り人形を助けました。すると、くるみ割り人形の魔法が解けて王子の姿に変わり、お礼にクララを雪の精が舞う魔法の森に招待してくれました。

<第2幕あらすじ> クララは、魔法の船に乗って王子と一緒に旅に出ます。ふたりが人形の王国を訪れると、人形たちが歓迎の踊りを披露してくれました。スペイン、東洋、中国、ロシア、フランスの踊りに続き、美しい花のワルツが始まります。クララと王子も、幸せいっぱいに踊ります。夜が明け、目覚めるとクララは家の大広間にいました。クララはくるみ割り人形を抱きかかえて、楽しい時間を思い出すのでした。

<キエフ・バレエ> 150年以上の歴史を誇り、ボリショイ劇場、マリインスキー劇場とともに旧ソ連における三大劇場と称される、タラス・シェフチェンコ記念ウクライナ国立歌劇場を本拠地とする、バレエ団。古典の名作から現代作品、ウクライナならではの作品まで幅広いレパートリーを持ち、バレエ界をリードする多くのスター・ダンサーを輩出している。海外公演も盛んで、日本でも1972年以降来日公演を重ね、成功を収めている。