キエフ・バレエ「雪の女王」動画 全編無料公開中

日本で未上演の、全幕バレエ作品「雪の女王」を初公開! 恒例となった来日公演で日本でも大人気の名門キエフ・バレエが、2021年1月にウクライナ国立歌劇場で上演した舞台を撮影した最新の映像です。

アンデルセンの童話を元にしたバレエ「雪の女王」は、2016年にキエフ・バレエで初演されて以来、繰り返し上演されている人気の作品です。動画ではアーティストの表情や動きを、より鮮明にご覧いただけます。この作品の音楽監督を務めたオレクシィ・バクランが自ら指揮を振っている素晴らしいオーケストラの演奏も聴きどころです。日本でお馴染みの人気ソリストや、劇場が誇るトップダンサーたちによる素晴らしいステージをお楽しみください。

キエフ・バレエ「雪の女王」全編
【字幕説明入り】キエフ・バレエ「雪の女王」全編

<キエフ・バレエ>

150年以上の歴史を誇り、ボリショイ劇場、マリインスキー劇場とともに旧ソ連における三大劇場と称されるタラス・シェフチェンコ記念ウクライナ国立歌劇場を本拠地とするバレエ団。古典の名作から現代作品、ウクライナならではの作品まで幅広いレパートリーを持ち、バレエ界をリードする数多くのスター・ダンサーを輩出しています。海外公演も盛んで、日本でも1972年以降来日公演を重ねて人気を博しています。

<「雪の女王」あらすじ>

【第1幕】 ある冬の日、幼なじみのカイとゲルダは友人たちとスケートを楽しんでいました。一方、闇の中で邪悪なトロールたちが魔法の鏡を作っています。雪の女王が現れて、鏡を砕き世界中に欠片を散らしました。鏡の欠片が刺さると、人は氷のような冷たい心になるのです。 ゲルダの家のパーティで、カイは窓で光っている物に気づきます。それは次第に大きくなり雪の女王の姿になりました。カイ以外の誰にもそれは見えません。カイの目と心臓に何かが刺さります。すると、カイの見える世界から色が失われ、心から全ての興味が消えていきました。雪の女王が現れ、カイと一緒にどこかへ消えて行きました。 ゲルダはカイの行方を探しに行きますが、疲れて眠ってしまいます。いつの間にか、ゲルダは魔法の花園にいました。ゲルダは夢の中でカイと再会を果たしますが、目覚めて夢だったとわかると、再びカイを探す旅に出ます。

【第2幕】 ゲルダは、魔法の王宮に仕えるカラスの夫婦に出会います。ゲルダの話を聞いて王宮に連れて行ってくれますが、カイはいませんでした。ゲルダは王宮を後にします。旅を急ぐゲルダの前に、山賊が現れます。山賊の娘は、ゲルダを捕まえようと行く手を遮りますが、ゲルダは怯みません。山賊たちはゲルダを解放して、森の中へ去っていきました。 雪の女王は、カイを永遠に雪の王国に閉じ込めようとしていました。氷の宮殿で、カイを雪の王国の王子にする戴冠式が始まります。ゲルダがやって来て、雪の女王にカイを返してほしいと頼みますが、拒絶されます。ゲルダは雪の女王に闘いを挑みますが、強大な魔力には敵いません。ゲルダの熱い涙が、カイの胸に落ちると、カイの凍った心が溶けて鏡の欠片が抜け、カイは元の自分を取り戻します。二人の愛の力の前に雪の女王の魔力は弱まり、氷の宮殿は溶けて雪の女王は去っていきました。 世界は美しい色を取り戻し、季節が巡ります。大きな試練を経て、カイとゲルダは成長を遂げて故郷へと帰っていきました。