オール・オブ・クラシック プレミアムコンサート

オール・オブ・クラシック プレミアムコンサート ~オペラ&オーケストラ&バレエ~

これまでの来日公演で約40万人を動員した名門歌劇場が、
創立150周年を記念して特別プログラムを日本でも開催!
管弦楽の名曲と名作オペラのアリアがたっぷり聴けて
世界最高峰バレリーナ出演の傑作バレエが観られる、夢のコンサートが実現!

150周年を記念する、盛り沢山な内容の特別企画!
ソリスト満載!名曲オンパレードの豪華なコンサート!!

●こんな公演が見たかった!劇場の威信をかけたプレミアムコンサート

 日々の暮らしの様々な出来事が一気に思い起こされ、だれもが自分を振り返る年末。2017年の年末に披露される、とっておきの「贈り物」。世界に誇る名門ウクライナ国立歌劇場の創立150周年を記念した、オペラ歌手、バレエ団、オーケストラが総出演で繰り広げるプレミアムなコンサート。祝祭に相応しく「管弦楽名曲」+「オペラアリアの夕べ」+「傑作バレエ全1幕」が一体となった「Three Concerts in One」の舞台。エネルギッシュで高い芸術性を誇るこの歌劇場にしか出来ない、前代未聞で豪快な企画が楽しめる。

●ここが公演の見どころ、聴きどころ。

 第1部は、芸術大国ウクライナに因んだ管弦楽名曲集。ウクライナ生まれの作曲家プロコフィエフのバレエ音楽『ロミオとジュリエット』。ムソルグスキーの大作『展覧会の絵』の掉尾を飾る迫力満点な「キエフの大門」。ウクライナにルーツを持つチャイコフスキーが、当地に嫁いだ妹が住むお気に入りの家で構想のほぼすべてを練ったオペラ『エフゲニー・オネーギン』。また、ウクライナを代表する作曲家ルィセンコのオペラ『タラス・ブーリバ』は勇壮な響きが特徴の滅多に聴くことの出来ない貴重な曲。このオーケストラならではの音楽性とパワフルな音量を生かした演奏が楽しめるプログラム。
 第2部は、劇場の幅広いレパートリーの中から、誰もが耳にしたことのある、愛されてきたオペラの名曲アリアを選曲。4人の歌手が「カルメン」「アイーダ」「トスカ」「リゴレット」「椿姫」「ファウスト」などのオペラ名曲を次々と歌う。ヴェルディ、プッチーニほか巨匠作曲家の名旋律と、オペラ歌手の名唱に酔いしれる。
 第3部は、ビゼーの名作オペラの音楽をシチェドリンが13曲に構成・編曲したバレエ『カルメン組曲』。今年はこのバレエが誕生して50周年の記念年。主演は世界的バレエダンサーであり、キエフの至宝と謳われるエレーナ・フィリピエワ。赤と黒で彩られたステージで、バレエ団を代表するソリストたちが情熱的な踊りを繰り広げる。より精神性を追求した音楽を生演奏で聴きながら貴重なバレエ作品を見る楽しみと共に、50年前に切望して創作に踏み切り初演を飾ったマイヤ・プリセツカヤから直接この作品の指導を受けたというフィリピエワが踊るカルメンは必見。
 開演とともに一気に引き込まれる疾風怒濤の一曲目から最後の強烈な印象を残すバレエまで、コンサートをまとめるのは、指揮者であり音楽監督として活躍するミコラ・ジャジューラ。名門オーケストラの演奏と共に、オペラアリアとバレエを丸ごと楽しめる、未だかつてない企画。二度と見ることの出来ない、一日限りの特別コンサート。150年という長い歴史が一点に集約された舞台をご覧ください!

予定プログラム

第1部:オーケストラ曲集 (約25分)
「タラス・ブーリバ」序曲
「エフゲニー・オネーギン」より “ポロネーズ”
「ロミオとジュリエット」より
「展覧会の絵」より “キエフの大門”

第2部:オペラ・アリア名曲集 (約45分)
「カルメン」より“ハバネラ”
「アイーダ」より“勝ちて帰れ”
「トスカ」より“歌に生き愛に生き”
「リゴレット」より“女心の歌”
「椿姫」より“乾杯の歌”
「ファウスト」より“金の子牛の歌” ほか

第3部:バレエ「カルメン組曲」 (約45分)
[アロンソ版 全1幕]

カルメン組曲

出演予定

  • ウクライナ国立歌劇場管弦楽団

    ウクライナ国立歌劇場管弦楽団

    ウクライナ国立歌劇場管弦楽団は1834年の誕生以来の歴史と伝統を誇り、世界各地で演奏を行っている。1880年代に劇場はチャイコフスキーを招いて、オペラ『スペードの女王』『エフゲニー・オネーギン』などを上演し、成功をおさめる。1891年にはチャイコフスキー自身の指揮で彼の作品を上演し、劇場に対して、キーロフ劇場やボリショイ劇場に続く劇場として褒め称えた。そのほか、リムスキー=コルサコフ、ラフマニノフ、グリエール、グラズノフ、ショスタコーヴィチなど錚々たる作曲家がこのオーケストラを指揮している。近年はチャイコフスキー、ムソルグスキー、ヴェルディ、プッチーニなどのオペラ、チャイコフスキーのバレエをはじめ、ベートーヴェン、ブラームス、マーラーなどの交響曲も演奏。オイストラフ、ギレリスなどの巨匠とも共演している。ドイツ、フランス、ポーランド、スイスなどヨーロッパ各地でも公演を行い、好評を博している。

  • ミコラ・ジャジューラ

    ミコラ・ジャジューラ(指揮)

    チャイコフスキー記念キエフ国立高等音楽院で研鑚をつみ、コフマン教授に師事。1986年から88年にロシアのオムスク交響楽団の首席指揮者をつとめる。1989年ウクライナ国立歌劇場の指揮者に就任、以降プッチーニ、ヴェルディ作品をはじめ、主要オペラを指揮。1996年より、ウクライナ国立歌劇場の指揮者と同時に、ウクライナ国立フィルハーモニーの首席指揮者および芸術監督の地位にある。熟練した技術と偉大な才能、組織のリーダーとしての素質を兼ね備えた指揮者としてウクライナの音楽界を牽引している。

  • エレーナ・フィリピエワ

    エレーナ・フィリピエワ(第3部:「カルメン組曲」主演)

    ウクライナ共和国人民芸術家。世界的に活躍するプリマ・バレリーナ。キエフ国立バレエ学校卒業。1988年からキエフ・バレエのソリストとして活躍。1989年モスクワ国際バレエ・コンクール入賞、1994年サンクトペテルブルグ開催の国際マイヤ・プリセツカヤバレエ・コンクール優勝。ウクライナを代表するバレリーナとして、また各国にゲストとして世界中の舞台で活躍している。

  • キエフ・バレエ 〜タラス・シェフチェンコ記念ウクライナ国立バレエ〜

    キエフ・バレエ〜タラス・シェフチェンコ記念ウクライナ国立バレエ〜

    150年の歴史を誇り、ボリショイ劇場、マリインスキー劇場とともに旧ソ連における三大劇場と称される、ウクライナ国立アカデミー・オペラ・バレエ劇場を本拠地とする。古典の名作から、現代作品、ウクライナならではの作品まで幅広いレパートリーを持ち、バレエ界をリードする多くのスター・ダンサーを輩出。海外公演も盛んで、日本でも1972年以降公演を重ね、成功を収めている。

◆オペラ歌手ソリスト(第2部出演)

  • ソプラノ:オクサナ・クラマレヴァ

    ソプラノ:オクサナ・
    クラマレヴァ

  • メゾ・ソプラノ:アンジェリーナ・シヴァチカ

    メゾ・ソプラノ:アンジェリーナ・
    シヴァチカ

  • テノール:ヴァレンティン・ディトゥク

    テノール:ヴァレンティン・
    ディトゥク

  • バス:セルゲイ・マゲラ

    バス:セルゲイ・
    マゲラ

◆バレエソリスト(第3部出演)

  • アンナ・ムロムツェワ

    アンナ・ムロムツェワ

  • デニス・ニェダク

    デニス・ニェダク

  • ヤン・ヴァーニャ

    ヤン・ヴァーニャ

  • ヴィタリー・ネトルネンコ

    ヴィタリー・ネトルネンコ

公演日程

6/14(水)~6/29(木)までの期間限定!光藍社会員に限り“優先予約割引価格”でチケットをご購入いただけます。

[ご注意とお願い]

  • ●記載されているキャストは6月現在の予定です。やむを得ない事情により、出演ダンサー等が変更となる場合もございますが、お買い上げ頂きましたチケットのキャンセル及び変更はできませんのでご了承ください。
    ●会場内における飲食、喫煙はご遠慮ください。
    ●写真撮影、録画、録音等は一切禁止させて頂きます。
    ●開演後のご入場は制限させて頂く場合がございます。
    ●未就学児のご入場はご遠慮ください。
12/27(水)
18:30開演
(18:00開場)
会場 東京文化会館 大ホール 発売日6/30
席種 ※赤文字は優先予約割引価格
S席 15,000円 → 13,000円
A席 13,000円
B席 11,000円
C席 9,000円
D席 7,000円
※A~D席の割引はございません。
情報 約2.5時間休憩あり
ネットでチケットご購入の方はこちらネットでチケットご購入の方はこちら

お申し込み方法の詳細は「チケットお申し込み方法」をご覧ください。

お電話でご購入の方は 050-3776-6184(平日10:00~18:00)